育毛サプリメントの成分について

一般的に、育毛サプリメントに含まれている成分を、今から説明します。
まず最初に説明するのは、男性型脱毛症を予防する効果がある成分からです。男性型脱毛症は、ジヒドロテストステロンが主な原因となります。ジヒドロテストステロン抑制のために育毛サプリメントに良く含まれているのは、ノコギリヤシ抽出液です。

 

そのほか、似た効果が期待されている成分には、亜鉛、フィーバーフュー、イソフラボンがあります。
また、発毛を促進するために、血流を良くする成分も重要です。

必須アミノ酸であるバリンやロイシン、イソロイシンはBCAAと言う成分で、髪の毛の構成要素となります。

イチョウ葉エキスやカプサイシンなどによって発毛の助けとなるようなサプリもでてきています。
髪を合成する成分として、ケラチンなど、紙にタンパク質を補うサプリもあります。

こういった成分は、食事だけでがんばって摂取するのはけっこう大変です。意外と知られていない事実かもしれませんが、育毛剤には女の人専用の商品も存在しています。男と女、性別が違うのですから当然毛が薄くなる原因も違うため、男女共用タイプの育毛剤を使うのではなく、女の人へと勧められている製品の方が目に見えて成果が出ると思います。

 

ですが、男女兼用の商品を使ったとして専用のものと比べても遜色ない効果が出る方もいますので、商品と髪の質との関係にもよります。最近、ちょっと髪が抜けすぎかもと悩みはじめたら育毛剤を使った早めのケアが第一です。一般的に育毛剤と呼ばれるものですが、大きく5つにわけることができます。

 

発毛剤、発毛促進剤、育毛剤、養毛剤、スカルプエッセンスがあります。最も効果が高いのが、医薬品である発毛剤です。その次に効果を期待できるのが、医薬部外品である育毛剤です。

 

発毛促進剤については、厳密な定義はありません。

 

スカルプエッセンスと養毛剤については化粧品となります。

 

スカルプエッセンスが化粧品なのは、含まれているキャピキシルが医薬部外品の成分として、認められていないためです。

 

キャピキシルは、毛母細胞の活性化とジヒドロテストステロン抑制の二つの効果が期待されています。

 

養毛剤については、頭皮ケアと抜け毛の予防の化粧品です。

育毛剤と育毛シャンプーの中間のような商品が養毛剤なので、育毛剤の方がおすすめかなと思います。